ご家庭で本格生餃子を楽しめる福岡県福津市の「生餃子-ぎょうざの山八-」。手造りにこだわった生餃子の繊細な味で皆様の笑顔を引き出します。

Tell
mail

材料のこだわり

大地の恵み 九州産のこだわり

山八餃子に使用している食材のほぼ全てが、九州産といっても言い過ぎではありません。豚肉、黒豚肉、キャベツ、ねぎ、にんにく・・・。九州の温暖な気候そして「うまいもん所」=九州の「太陽と大地」で育った食材をとりわけ使用することで、新鮮な食材を仕入れることが可能となり、なおかつ「おいしい生餃子」を皆様に提供できるのです。

地元 福岡県福津市のキャベツ畑


にんにくを植えつける弊社藤本

収穫真近のにんにく農園

地元地消の取り組み そして、にんにくの自社栽培

山八の全ての餃子の主たる原料のキャベツは、九州各地契約栽培していただいているのと同時に、夏場を除いて地元福岡県福津市の地場農家からも供給いただいています。「寒玉種」のキャベツから、季節限定「春キャベツたっぷり餃子」の早生キャベツも地元の農家の方々の協力を得ています。
ぎょうざの山八の所在地である福岡県福津市は、福岡市と北九州市のちょうど中間に位置し、のどかな田園風景も多く残る町です。また福津市の海岸線に近い地域は、めったに霧が降りない準無霧地帯という好条件を生かしてカリフラワーの大産地として歴史があります。
その土地柄を利用し、山八では2年前からにんにくの自社栽培に取り組んでいます。以前は青森産のにんにくを使用していたのですが、地元の農家の方々の協力を得て、「にんにく農園」をつくり栽培しています。


塩にこだわる~ミネラル豊富なオーストラリアの湖塩~

西オーストラリアのデボラ湖から収穫される良質の自然塩を使用。
カルシウムなどミネラル分を豊富に含んだ高純度・旨味たっぷりの自然塩です。山八は国産の塩ではなく、こだわりをもって、このオーストラリア産のデボラの塩を使用しています。